お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

専門家吉谷桂子のガーデンダイアリー ~花と緑と豊かに暮らすガーデニング手帖~

「旅(SIGHTSEEING)」の記事一覧

美術館と inuaと...冬の東京

話が少し前に遡りますが、お正月、今年最初の美術館 初詣は、東京都現代美術館でした。 皆川明さんの「つなぐ」展へ。 十数年前、帰国してまだまもない頃、ミナペルホネン。白金にできたお店のインテリアやテキスタイルデザインに、ノックアウト。ずっと...

雨と雪の週末は 手芸の日

先週末は、東京でも初雪でした。去年の秋、星の王子さまミュージアムでは大量のどんぐりが園内に落ちていました。誰かが、どんぐりのたくさん落ちる秋が来ると、その冬は大雪になるといってました。 しかしどうも、今年は、各地で雪不足の問題も生じている...

南アフリカとワイングラス...

The Newt in Somerset に4日間滞在し、チェックアウトしたときに、ホテルの方から、このワインをいただきました。 南アフリカの BABYLONSTOREN というワイナリーのシラーズ。 BABYLONSTORENは、南アフ...

都市にワイルドな花壇  Inspired by nature.

この10年ほどの間でロンドンの街には、次々に新・宿根草主義的な。というか、ナチュラリスティックな。というか、ダッチ・ウェーブな。というか....。ちょっとワイルドな花壇が、続々と登場しています。写真は↑バターシー発電所の再開発商業エリア。...

花の咲く季節に想いを寄せて

去年の6月に尋ねたシシングハーストのローズガーデンです。あまりにも暖冬なのはバラ園には要注意。 害虫や病気も安穏に冬越ししてしまう可能性があるから。 そして、今年。かなり暖冬ですね。これは、オーストラリアの山火事も影響しているのだとか。そ...

旅先でも リビング的な体験を

リビングという英語。日本語で、Living =生活となるとちょっと違う。もちろん生活は大切。 でも、実はなかなか。それを味わったりするのを忘れがち。 今回、そういうことを求めてここに来ました。まだ部屋に入る前に。 寝て、起きて、食べて、仕...

冬のサマセットへ

冬のイギリスが良い!という人に(あまり)逢ったことがありません。 かつては、私もそう思っていました。とにかく憂鬱になるほど暗くてシャビィだ。というのが、一般的なイメージ。だからこそ、その気分を吹き飛ばすように、クリスマスの装飾やイルミネー...

謹賀新年 今年もよろしくお願いもうしあげます!

新しい年になりました。謹賀新年。2020年、今年はどんな年になるでしょうか。 真っ先に思うのは、温暖化の影響のほか自然現象へのさまざまな心配がありますが、そうした懸念と同時に 草花たちの息吹は常に力強いものがあります。庭の事。毎年、同じよ...

伝統と革新 2020年は...

今年のまとめ。というほどではありませんが...。少しだけ。 2019年の今年は、いよいよ本格的な21世紀的なビジョンが、はっきりとした年だったと思います。 昔は未来的だと思っていたことが現実のものとなったような年でした。 また、日本は令和...

いらないものは一つもない庭

言葉では、表すことのできない悟りの世界を視覚的に現したのが、禅の庭園。だそうです。なるほど。 余分なものを取り除いた禅宗独特の枯山水。 三日間、これでもか!というほどに、時間と感受性の限界まで、禅の庭を拝見しました。 大徳寺大仙院の庭では...

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの植栽デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives