お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

吉谷桂子のガーデンダイアリー ~花と緑と豊かに暮らすガーデニング手帖~ 吉谷桂子のガーデンダイアリー ~花と緑と豊かに暮らすガーデニング手帖~

記事一覧

室内の植物にミストはマストです。

不定期に開花するファレノプシス。家の中で花も葉っぱ(彫刻的な形を鑑賞)も楽しめるので 大好き。10年以上、このキッチンで育てていますが、明るさとか温度よりも大事なのが 目が届くこと。乾燥しすぎても水をやりすぎてもだめな植物は、毎日でなくて...

ウイッチフォード・ポタリーの寄せ植えと浜松でコンテスト

ウイッチフォード・ポタリーでこうした、見事な寄せ植えを初めて見てから30年近くが 経とうとしています。とにかく、すごい。の一言。 こうしたテクニックも、栽培に対する姿勢も、それまでは、日本では見たことがなかったし 実は今も、あまり見たこと...

ハナモモ@中之条ガーデンズ

季節の変わり目にはよく雨が振るといいます。これで青空だったら!どんなに美しい光景が 広がっただろうか。と、思いますが、とにかく、今は人が少ないことを良しとするべきか。 朝は少しだけ、晴れていたので、くっきりカラーのハナモモでした。 曇って...

季節は巡る The season goes around

目の前に咲く花、今の季節「自然の成り行き」を見せてくれる存在でもあります。 今日は中之条ガーデンズにて、自然に、カタクリが咲いていました。 このフリチラリアも必ず春になると毎年咲いて。 これを毎年眺めるのも、今年で6年目?フリチラリアとい...

寒暖差にご注意を!

昨日の東京は25度近くまで気温が上がり、まるで、5月下旬のような気温でした。 なんとそこで!野生種のバラ、カナリーバードが咲いてきました! (写真上)昨日撮ったもの。このバラは昔、昔、国際バラとガーデニングショウで使った 残りものをもらい...

自宅充実期間!

世界的な感染拡大に、先が見えず、暗澹たる気持ちになります。1月ころから始まった新型ウイルスの蔓延。人が集まる会食も場所も避け気をつけてはきましたが 以前は、1〜2ヶ月で収束するように思っていました。...........ところが、アメリカ...

ウイッチフォード・ポタリーとジム・キーリングさん

今、世界中が難局にいます。私自身1月末にコロナウイルスのニュースがでてから、マスク、手洗い、殺菌対策。ずっと努めてきましたが、もっともっと、緊張感をもたなければ。 気持ち、落ち込むのですが、植物に触れたり、好きなアロマに浸りつつ、楽しい思...

植物の生長に手助け!のタイミング

気温が上がって、耐寒性の怪しい多肉植物も屋外で過ごせるようになりました。 秋以降、株に触る都度、ポロポロと地面に落ちていたエケベリアをベッドに寝かせて、育つのをまっていました。寒いうちは、水やりをしないでいましたが、そろそろ水分。欲しいか...

イベントは中止や延期。しかし、春の花は咲く

本当に残念ながら、さまざまなイベントが中止や延期になりました。この後、どうなっていくか。 楽観は許されませんが、花は、ノンストップで予定通り、咲き出します。 桜が咲くころは、同時に咲く早咲き系のチューリップに続いて、ラナンキュラス・ラック...

ナチュラリスティック・ガーデンの解釈

世界の状況はいま厳しいですね。不確実で心配が大きい。でも、草花はこれから 確実に芽を吹いて花を咲かせるので、それなら私たちにできることはいっぱいあるんだと思うと 家のなかに閉じこもっていないで庭やベランダ。オープン・エアの場所で過ごす楽し...

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの植栽デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog
Instagram@keikoyoshiya 

Archives