お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

IMG_5188 2.jpg

この27年間で、何十回来たのか、覚えられないほど訪ねたシシングハースト。

もうこれで最後。と思っていたのに、この庭の新たな魅力の発見続出で、大興奮でした。

もう大変!シシングハースト史上初めての男性ヘッドガーデナー登場で私的にも多いに沸き立つ。

今日最初のアップロード写真は、上の一枚。

イングリッシュ・ガーデンツアー怒涛の解禁。なのにごめんなさい。

例のごとくデータ通信が極端に弱く、なかなか写真がアップロードできず....

IMG_1148.jpg

(この写真は本日、Wさまからいただいた、シシングハースト、コテージガーデンでの写真です

初の男性ヘッドガーデナーの登場によって、

「現在の課題は、過去からずっと続いてきた、シシングハーストの世界観を愛する人々を

疎外することなく、どのような美しさで、シシングハーストのロマンスの、真の意味を注入できるかということ。それでも、年間、ほぼ200万の訪問者にも耐えうる庭として

今後どう存続できるのかその方法を探っているのです。」

とは、シシング・ハーストのヘッドガーデナー、トロイ・スコット・スミスさんの弁。

IMG_5205.jpg

彼がシシング・ハーストのヘッドガーデナーに就任して以来、というか、それを知って以来

ずっと前に興味を失いかけていたこの伝説の庭に、私はもう一度だけ、行ってみようと思っていたのです。

In becoming a totem of horticultural perfectionism, it has forgotten what it really is.
園芸における完全主義のトーテム(象徴と訳してよいでしょうか?)になりつつあることで、
それは、本来、どうあるべきだったかを忘れていた。
(私の、実に怪しい翻訳に異議を唱える方もきっといらっしゃるでしょう。でも、そういうような理由から
私も興味を失っていたところ...)の逆転劇。
旅の最中にあまり詳しく書けないのですが、興奮冷めやらぬ間にシシングハーストでランチをした後
グレートディクスターへ。
IMG_0345.JPG
こちらもNさまに送っていいただいたグレートディクスターでの写真。
相変わらずの花ボサアーティスティックガーデンでしたが、こちらもメドウガーデン真っ盛り。
昔よりも、芝生の平面が減ってナチュラル・ボサボサが増えていました。これも今時風だと感じました。

■おすすめ特集

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの植栽デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives