いいプレCPN
いいプレCPN

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

飾ることを意識して
「オープン棚」をおしゃれな
インテリアに格上げ!

リード文

インテリアコーディネーターの松本智子です。
扉のないオープンの棚は、中が見えてごちゃごちゃになりがちではないでしょうか?
整理収納アドバイザーの仕事もしている私は、整理収納サポートに伺うお宅で、オープン棚の収納に困っているお客さまをお見かけします。
今回は、オープン棚をおしゃれで使い勝手よくする方法をお伝えします。

画像

1.おしゃれに見せる2つのコツを
押さえよう

オープン棚は「見せる収納」です。キレイでおしゃれに見せるには、大きなコツが2つあります。まずはそれらを順番にお話ししていきます。

おしゃれに見せるコツ@ 同じ種類のものを並べる

例えば本の場合は、同じ色の背表紙、同じシリーズの文庫本、単行本、洋書、絵本の分類別で並べたり、高さを揃えたりしますよね。そういう感覚のことになります。

テキスト

いろいろなショップで見ると、アクセサリー、文房具、キッチン用品、日用品などでまとめたり、素材別で陶器、ガラス、ホーロー、木などで集めたりしています。

テキスト

こうして同じ種類のものを集めることで統一感が出てきます。

おしゃれに見せるコツA 空間を持たせる

もうひとつのコツは、「空間を持たせる」ことです。
雑誌などで見るオープン棚の本の収納は、どんな風に収納されているでしょうか?

本は基本的に立てて収納しますが、よく見ると寝かせて置いている本もあります。数冊だけ寝かせた本の上には空間ができます。その空間におしゃれな雑貨が置いてあったりもします。それが空間を持たせるということです。

テキスト

オープン棚をおしゃれに見せるワザとして、「空間があるかどうかが大事」と言っても過言ではありません。

2.収納アイテム別
おしゃれ感を演出する方法

収納するものによっておしゃれに見える方法をお話します。

・本を収納するときは

棚のほとんどの場所に本を収納したとしても、どこか一ヶ所だけは、お気に入りの雑貨や花器、時計を置いてみましょう。本の横に雑貨を立てて、ブックエンドの代わりにするのもおしゃれです。

テキスト

手作りブックカバーで色を揃えるなど、ひと手間かけるといっそう統一感が増して上級インテリアになります。

・雑貨を収納するときは

大きいサイズの雑貨は、思い切ってそれひとつだけ置いてみましょう。「収納する」と言うより、「飾る」という感覚です。
ほかにも、写真立てだけを集めて置く、何かオブジェだけを集めて飾る、というのもおしゃれです。

テキスト

植物を一緒に置いてもいいですね。土や水が気になるときは、フェイクのグリーンでも雰囲気があって手間がかかりません。

オープン棚にたくさん収納しても、雑貨を置いた部分が「抜けの空間」になって、おしゃれに見えます。

・カゴやボックスなどを使う

オープン棚は文字通りオープンなので、そこに置いたものは全て見えます。なのでインテリア性も収納も兼ね備えるには、収納用品を揃えて使うというのも、ひとつの方法です。

細かいものや雑多なものは、フタつきの収納ボックスなどに入れてスッキリさせましょう。
よく使うものなら、引き出し収納やカゴを使うのもおすすめです。素材や色が揃っていると統一感があって見た目がきれいです。

3.オープン棚の選び方

シンプルなものから、装飾性やデザイン性のあるもの、サイズなどもさまざまです。

テキスト

天井まであるオープン棚はスペースが多いので、収納だけでなく、飾る楽しみも増えます。

テキスト

ヨーロッパ風のオープン棚は、テーブルやイスなどほかの家具とテイストを揃えると雰囲気が高まります。

テキスト

アイアン製のオープン棚はデザインによってエレガントにもなりますし、かっこいいインダストリアル(無骨なテイスト、工業意匠)な雰囲気にもなります。

テキスト

いずれも好きなインテリアのイメージで選ぶのがいいと思います。

4.お手本は雑誌やショップの見せ方

オープン棚をおしゃれに見せるコツは、やはり収納に加えて「飾る」という感覚があると、おしゃれになります。

テキスト

インテリア雑誌やおしゃれなショップを参考にするのがおすすめです。そこでどんなふうに使っているのかをよく観察してみるといいですね。

とは言え、雑誌には生活感がない、ショップは商品を置いている、と家での収納とはちょっと違いますから、どこをどう見ればいいか悩んでしまうかもしれません。

まずはこんなところを観察して見てください。
何を収納しているか、どんな基準でものを置いているか、何色が多いか、どんな素材のものが並んでいるか、など。

テキスト

とくに好きなインテリアや、好きなお店の雰囲気を見ると参考になります。
おしゃれなお店の場合、売り物なのか、ディスプレイとして置いている雑貨なのか、わからないようなときもありますよね。
そんな感覚で、家では「しまう」と「飾る」をうまくミックスさせて、お店のオープン棚の雰囲気を真似してみるといいですよ。

実用性だけでなく、インテリア性を持たせたいと思ったら、ショップの店員さんのように、飾ることを意識して楽しんでください。
ご自身の好きなものを集めたら必然的に統一感は出ると思います。

最後に

オープン棚の良さは、出し入れのしやすだと思います。そういう意味でも、ものを詰め込んでしまうと出し入れがしにくくなります。そして何よりもインテリア性を損ないます。
統一感と空間を持たせることで、オープン棚がおしゃれに見えてきますよ。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例