春の選べるスマイルクーポン
春の選べるスマイルクーポン

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 

「秋の夜長」を楽しむインテリア
柔らかな灯りと季節の色で
素敵な演出を

リード文

いつの間にか日が短くなり、夜の時間が長く感じられる「秋の夜長」。おうちにいる時間が増えるからこそ、まったりとできる空間を作って充実の時間を過ごしませんか。心も身体も癒されるような、秋のおしゃれなインテリアのアイデアをお伝えします。

心地よい照明で長い夜に癒しを


おしゃれなカフェやレストランのように、照明での雰囲気作りは秋の夜長にぴったりです。なかでも温かみのあるオレンジ系の電球色を使えば部屋が落ち着いた雰囲気になります。

よりリラックスムードを高めたいときには、

よりリラックスムードを高めたいときには、光が柔らかに反射する間接照明を取り入れるのがおすすめです。光の陰影が見せる雰囲気の良さだけでなく、奥行き感が出るので部屋を広く見せる効果もあります。

間接照明は、

間接照明は、天井や壁に向けて光を照らすだけなので、工事をしなくても取り入れることができます。棒状やテープタイプのLED照明器具を家具やテレビの背面に置いて、光を後ろから照らし出す方法はとても簡単です。

また、LEDは比較的軽いので、

また、LEDは比較的軽いので、薄型のものを選べば天井に貼ったり、梁に置くことも可能です。高い場所に取り付ける場合には、落下しないように固定するなど、細心の注意をしてください。

フロアランプもおすすめです。部屋のフォーカルポイントになる角に置くと、おしゃれで雰囲気のあるインテリアになります。

大きいサイズの照明器具でなくても、

大きいサイズの照明器具でなくても、テーブルランプをキャビネットの上に置くのもいいですね。1台だけ置くのもいいですし、2台を左右対称のシンメトリーに置くのも、海外インテリアのようにおしゃれです。

部屋全体の灯りをつけずに

部屋全体の灯りをつけずにダイニングテーブルやカフェテーブルだけ照らすのも、スポットがあたったようで、いい雰囲気が楽しめます。

照明器具はたくさんのデザインがありますが、

照明器具はたくさんのデザインがありますが、今はLEDが主流で熱くなりにくいので、いろいろな場所に取り入れやすいです。

ろうそく型のLED照明器具は、まるで本物の炎のような揺らめきが素敵で、見ているだけで癒されますね。夜だけでなく、日中でもインテリア雑貨として飾って楽しむこともできます。

小さなライトをワイヤーやひもでつなげた

小さなライトをワイヤーやひもでつなげたガーランドライトは、壁に這わせたり、吊るしたりして飾ることもできますし、瓶の中に入れてランプのように使うこともできる「映えるインテリア」です。

照明の灯りは、

照明の灯りは、部屋をおしゃれに演出できて、心身ともにリラックスもできます。ゆったり静かに過ごしたい、秋の夜長におすすめです。

花びんの彩りや質感にこだわって
秋らしく


インテリアに季節を取り入れるのに簡単な方法は、季節の花を飾ることです。

秋らしさを出すために、

秋らしさを出すために、花びんは厚みのあるものや、色の濃いものを選ぶと雰囲気が出ます。ガラス製でも透明のものよりは、色のついたガラスのほうが濃いめの秋の花には似合います。

布ものをふわふわに替えて
ゆったりゴロゴロ


布ものの中でも、クッションカバーは比較的取り換えやすいですね。夜は涼しくなる時期なので、少し起毛した素材を選ぶと気持ちもほっこりしそうです。色は濃い目だとシックに落ち着いた雰囲気になります。

秋は朝晩が冷えるので、

秋は朝晩が冷えるので、そろそろひざ掛けを用意したくなる季節です。クッションを何個か置くときには、その中のひとつの色とひざ掛けの色を合わせたり、もしくは素材を合わせてみましょう。インテリアに統一感が出ておしゃれになります。

最後に


今ある照明器具の位置を少し変えてみる、手軽なものから取り入れてみる。そんな少しのことからでもインテリアを替えるだけで、部屋の雰囲気は変わります。ぜひ、「秋の夜長」のおうち時間を楽しんでください。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例