熱闘の夏!月末7%OFFクーポン
熱闘の夏!月末7%OFFクーポン

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

カーテンやブラインドなどで
模様替え!
窓まわりにこだわって、
お部屋をおしゃれな印象に

リード文

今回は、カーテンやブラインドで部屋の印象を変える方法をお伝えします。

カーテンは色も柄も豊富にありますが、それに加えて今は機能性に優れた素材もあります。また、布のカーテンだけでなく、いろいろな素材や形、デザインがあるので、インテリアに合わせて選ぶ楽しみがあります。

「オーダーカーテン」で
サイズを合わせて美しく

カーテン選びでとくにおすすめするのは、窓のサイズに合わせて作るオーダーカーテンです。サイズを合わせて作ることで、インテリアが格段と素敵になります。サイズがぴったり合っていれば見た目が美しく、遮熱効果や保温効果があるものなら、光熱費の削減にもつながります。

外から見えにくい
「ミラーレースカーテン」

遮熱効果や保温効果がある機能性カーテンの中で特に人気があるのは「ミラーレース」というものです。日中は、日の光に反射して外から部屋の中が見えにくくなっていますが、室内からは外が見えるようになっています。隣家が近い、道路に面しているなどの窓には、このミラーレースが人気です。

でも、生地に厚みがあるものは

でも、生地に厚みがあるものは、室内からも外が見えにくい場合があるので、購入前には見え方を確認するのがおすすめです。

遮熱性能やUVカット機能が付いているものもあるので、夏には助かりますね。

レースの柄が浮き出る、
おしゃれな「逆吊り」

カーテンは通常、ドレープカーテンを部屋側に、レースカーテンを窓側に吊りますが、「逆吊り」という方法もあります。この場合は、ドレープカーテンを窓側に、レースカーテンを部屋側に吊ります。

レースカーテンに色や柄の入ったデザインを選んで、ドレープカーテンに無地を選んで組み合わせると、レースの柄が浮き出てきれいです。無地の色によっても印象は変わるので、オリジナルの組み合わせで唯一無二のインテリアができます。

光を通さない遮光の無地カーテンと

光を通さない遮光の無地カーテンと柄入りの白いレースカーテンの組み合わせでも素敵に浮き上がります。

逆吊りは気分次第で入れ替えればいいだけなので、模様替えが手軽に楽しめます。

カーテンで部屋を広く見せる方法

カーテンは吊る位置で部屋を広く見せる効果があります。窓のサイズに関係なく天井からカーテンを吊ると天井が高く見えて、部屋に広がりを感じることができます。

ホテルなどはこういう

ホテルなどはこういう吊り方をしてる場合が多いので、ホテルライクなインテリアにもおすすめです。

「カーテンレール」で
お部屋の雰囲気を変える

カーテンレールもシンプルなものから、装飾レールという飾りがついたレールまであります。

かっこよくスタイリッシュなインテリアや、フェミニンなインテリアなど、いろいろなインテリアスタイルに合わせて選べます。

床やドアなどの建材の色に合わせて部屋全体に統一感を出したり、アイアン素材などを選んでインテリアのアクセントにするのもおしゃれです。

断熱や保温の効果がある
「ハニカムスクリーン」

カーテン以外では「ハニカムスクリーン」も人気があります。スクリーンに空洞があることで断熱や保温の効果があります。

洋室だけでなく、和室にも合う

洋室だけでなく、和室にも合うデザインです。和室のカーテンはどんな色や柄にしたらいいか悩んでいる方にもおすすめです。

光量を自在に変えられる「ブラインド」

従来からある「ブラインド」は、羽根の向きを変えることで光量を調整できるのが便利です。遮熱効果を持たせた機能性ブラインドもあります。

ホコリが溜まる、掃除が大変

ホコリが溜まる、掃除が大変というイメージですが、今はホコリや汚れがつきにくい加工を施したものもあります。

ブラインドも選ぶ色によって印象が変わります。シルバーのブラインドは、革のソファや黒系の家具と合わせればスタイリッシュなインテリアになり、アメリカンなヴィンテージ家具に合わせればかっこいいインテリアにもなります。

カーテンからブラインドに

カーテンからブラインドに替えたビフォーアフターです。

この窓の前にデスクを置く予定です。カーテンだと裾の部分がデスクに置いたものに干渉しそうですが、ブラインドにするとすっきりと収まります。

カーテンから縦型ブラインドに

カーテンから縦型ブラインドに替えたビフォーアフターです。

部屋がすっきりして広がりも感じられるようになりました。縦型ブラインドも羽根の向きを変えて光を取り込むことができます。

最後に

カーテンと合わせるインテリア小物として、カーテンと同じ生地でクッションカバーを作るのもおすすめです。柄物なら、その中の一色で無地のクッションカバーも一緒に置くと、インテリアに統一感が生まれてワンランク上のおしゃれな部屋になります。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例