D-BEAUTY24夏号 オリジナルショップ更新
D-BEAUTY24夏号 オリジナルショップ更新

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 

ペンダントライトで素敵な雰囲気を。
選び方・設置方法のご紹介

リード文

最近のインテリアでは、天井から吊るすペンダントライトが、いろいろな部屋で使われています。

部屋の印象がお洒落に変わるので、照らす目的だけではなくインテリアとしても楽しみたいですね。今回はペンダントライトの種類や選び方、設置方法をお伝えします。

画像

ペンダントライトの種類

サイズやデザインでは、「大きい1灯タイプ」「小さい1灯タイプ」「多灯タイプ」など、さまざまあります。

素材や色も豊富です。ガラスやアルミ素材のペンダントライトは、色も多種多様にあります。和紙や竹など和の素材も雰囲気があっていいですね。

いろいろな場所におすすめ

ペンダントライトの設置場所で1番に思い浮かぶのは、ダイニングテーブルの上に吊るすタイプだと思います。あとは吹き抜けの照明器具として使われることも多いです。

最近、キッチンの左右どちらかが

最近、キッチンの左右どちらかが壁付きになっている対面式のペニンシュラ型キッチンでは、天井に吊り戸棚を設置せず、手元灯にペンダントライトを取り入れるスタイルが増えてきました。

キッチンに立ったときに

キッチンに立ったときに手元の明るさを確保しつつ、ペンダントライトのデザインで個性を感じさせることができ、キッチンをおしゃれに仕上げることができます。リビングダイニングから見てもとてもおしゃれです。

ダイニングやキッチン以外の場所では、

ダイニングやキッチン以外の場所では、玄関のコーナー(角)に吊るしてフォーカルポイントにするのもいいですね。ほかにも、トイレのコーナーに吊るすのもおすすめです。明るさと同時に雰囲気を楽しむことができます。

光の広がり方の特徴と楽しみ方

ペンダントライトの素材やデザインによって、光の表情が違うので、用途に合わせたり、好きな雰囲気で選ぶといいと思います。

下方向を照らすペンダントライトをテーブルの上に設置する場合は、テーブルから80cmくらいの高さにすると、テーブルの上や手元が明るくなります。そして部屋全体の照明を少し暗くして、ペンダントライトの灯りを中心にすると、スポットライトが当たったように、雰囲気のあるおしゃれなインテリアになります。

ガラスのように

ガラスのように透過性のある素材やデザインは、光が広がるので、周りの空間も明るくすることができます。デザインによっては、光の陰影が天井や壁を照らすのも楽しめます。

電球の形にデザイン性のあるモノも

電球の形にデザイン性のあるモノもあります。シンプルなインテリアやかっこいいインテリアに合わせて選ぶと、主張し過ぎないおしゃれなインテリアアイテムになります。

ペンダントライトの設置方法

新しく家を建てるときには、あらかじめ照明計画を立てるので、そのときにペンダントライトを設置する位置を決めます。その場合は概ね電気工事として、照明器具を付けることになります。

いま住んでいる家に設置する場合、たいていの住宅には天井に「引っ掛けシーリングボディ」という、照明を取り付けるソケットが設置されているので、ペンダントライトは引っ掛けシーリング式を選んでください。

ちなみに、引っ掛けシーリングボディの取り付けは

ちなみに、引っ掛けシーリングボディの取り付けは「電気工事士」の資格が必要ですので、取り付けたい場合は業者に依頼しましょう。

ほかには、ダクトレール(ライティングレール)というバー状の配線器具もあります。ダクトレールには電流が流れていて、レール上に複数のライトを取り付けられる上に、好きな位置に動かすことができます。これを天井に設置すると、スポットライトやペンダントライトなどの演出を多様に楽しめます。

ダクトレールには、

ダクトレールには、大きく分けて3種類あります。DIYで後付けできるのが「簡易タイプ」です。

ほかの「埋め込み式」「直付け式」は、電気の配線を行う「電気工事士」の資格が必要なため、専門業者に依頼するのが一般的です。なので、「埋め込み式」「直付け式」にしたい場合は、新築やリフォームなどの際にペンダントライトの位置を決めるといいでしょう。

ペンダントライトに

ペンダントライトに「ダクトレール用」「ライティングレール用」「ダクトプラグ式」などの表記があればそのままダクトレールに取り付けることができますが、「引っ掛けシーリング式のソケット」になっているペンダントライトには、変換ソケット(コネクター)が必要です。

変換ソケットをダクトレールに取り付けてから、

変換ソケットをダクトレールに取り付けてから、照明を取り付けます。

変換ソケットに、

変換ソケットに、ペンダントライトのソケットを差し込んでクルッと回すだけで簡単に設置できます。

ダクトレールの長さにもよりますが、

ダクトレールの長さにもよりますが、ペンダントライトを多灯で付けることができます。ただし、ダクトレールは「重量・ワット数に制限」がありますので、耐荷重・最大ワットに合わせて選んでください。

最後に

種類豊富なペンダントライトは、そのデザインでインテリアとしても楽しめますし、灯りをつけたときには雰囲気を楽しむことができます。おしゃれなインテリアを造るおすすめのアイテムのひとつです。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例