初夏準備7%クーポン
初夏準備7%クーポン

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 

カーテンを変えて気分一新!
選び方のポイントと
おしゃれなコーディネート方法

リード文

季節の変わり目に模様替えを考える人は多いですね。その中でもカーテンは簡単に部屋の雰囲気をガラリと変えられる便利なアイテムです。

でも、カーテンの色や柄はとても種類が豊富で迷いがち。そこで今回は、模様替えに役立つ、カーテンの選び方のポイントやコーディネート方法をご紹介いたします。賃貸物件の場合、模様替えでDIYをすることはできませんがカーテンなら簡単。家具なども動かさなくていいのでおすすめです。

画像

カーテンの色が与える印象

明るい色のカーテンは、照明器具の光を反射させる効果があるので、明るい雰囲気にしたい部屋、子供部屋におすすめです。

ただ、明るい色でも鮮やかすぎるレッドやオレンジなどのビビッドカラーは、メインのカーテンで使うと圧迫感があるのでアクセント使いにしましょう。

反対に暗めの色は、光を吸収して部屋が落ちついた雰囲気になります。ホテルライクなインテリアなどを好む方には、ダークな色のカーテンがおすすめです。

家具やインテリア小物と
色を合わせて統一感を

カーテンの色を選ぶときは、家具と色合わせをするのもおすすめです。ソファの色とカーテンのベースの色を合わせると、大柄のカーテンでも部屋の中で浮くことなく、おしゃれなインテリアになります。

また、カーテンと同じ生地で

また、カーテンと同じ生地でクッションカバーを作ると統一感が出て、ひとつの部屋としてのつながりを感じられ、こだわりのあるインテリアになります。オーダーカーテンの場合、クッションカバーも同じ生地で作れることが多いので、一緒に注文するといいですね。

生地を同じにできない場合でも、

生地を同じにできない場合でも、カーテンの柄の中で使っている1色を無地のクッションカバーでリンクさせれば、おしゃれなインテリアにまとまります。

ラグと色をリンクさせることでも

ラグと色をリンクさせることでも統一感を出せます。

レースカーテンを
色柄モノにするのもおすすめ

カーテンを色柄モノで楽しみたいけれどなかなか冒険できない方は、レースカーテンを色柄モノで選んでみてはいかがでしょうか。レースのカーテンといえば、白のイメージですが、今は色柄モノが豊富にあります。

白以外のレースカーテンを使ったお部屋の例として、イメージをつかみやすいのがグレーインテリア。やはりグレーのレースカーテンを選ぶとしっくり馴染み、シックで落ち着いた、こだわりのあるおしゃれな部屋になります。

日中はレースカーテンだけにしていることが多いと思いますが、

日中はレースカーテンだけにしていることが多いと思いますが、色や柄が多いカーテンは窓から入る陽の光で色や柄が透けてきれいに映ります。無地のカーテンと合わせれば、夜は落ち着いた雰囲気に。

また「逆吊り」と言って、レースカーテンを部屋側に吊る方法もあります。無地のカーテンと合わせることで模様が浮き出て、とても印象的でおしゃれです。

インテリアスタイルに合わせて
素材を選ぶ

カーテンの素材によっても部屋の印象は変わります。ベルベットのような素材自体が重い印象を与えるカーテンを取り入れたい場合は、薄い色と濃い色の2色使いを選ぶと重く見えず、高級感のあるインテリアになります。

ナチュラルなインテリアにしたいときは、

ナチュラルなインテリアにしたいときは、麻素材、綿素材を使っているカーテンが雰囲気に合うのでおすすめです。

最後に

模様替えをしたくなったときに、家具の位置を変える、新しい家具や照明などを追加する、などと考えると思いますが、実行するとなるとちょっと大変ですよね。でも、カーテンのような布モノなら手軽で、簡単に部屋の印象が変わります。

まずは好きな色、もしくは気になる色を取り入れて、インテリアを楽しんでください。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例