夏得1,000円OFFクーポン
夏得1,000円OFFクーポン

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

布一枚で簡単に
おしゃれなインテリア

リード文

家に使っていない布はありませんか?何かを作ろうと思って買った布。旅行先で買った布。おみやげにもらった布など。

今回は布一枚で手軽で簡単におしゃれなインテリアにする方法をお伝えします。

画像

テーブルクロスにして空間をイメチェン

インテリアで布を使うといったら、いちばんに思いつくのはテーブルクロスではないでしょうか。テーブルの上を全部覆って掛けるのもいいですし、テーブルのセンター部分にだけ掛けるのもおしゃれですね。

わが家では、インドネシアのバリ島で購入したバティック(ろうけつ染めの布)をテーブルのセンターに掛けています。

一枚板のテーブル、北欧デザインの椅子(Yチェア)、そしてインドネシアの布を使って、ここ数年流行している、いろんなテイストを組み合わせたエクレクティック(折衷)スタイルでまとめてみました。

テイストは違っても、

テイストは違っても、同系色で合わせるとしっくりなじんでおしゃれになります。

バティックの柄はエキゾチックで美しいデザインが多く、和のテイストにもよくなじみますよ。

また、このような大きな布ではなくても、使っていないランチョンマットやコースターを一枚、テーブルのセンターやキャビネットの上に敷いて、お花を飾ったり、キャンドルを置いたりしてもおしゃれです。

寝室の壁に掛けておしゃれに

わが家にもう一枚ある大きめのバティックを寝室の壁に飾っています。バリ島では、布を掛ける木彫りのイカットハンガーも購入してきました。

イカットハンガーは木製で軽いので、壁に画びょうで簡単に留められます。

布を掛けるハンガーが無ければ

布を掛けるハンガーが無ければ画びょうで留めるだけでもいいと思います。

壁に布を掛けるだけでアクセントができて、おしゃれな空間になります。

無機質なものをさりげなく隠す

布は目隠しにも使えます。
麻素材のシンプルな生地で隠しているのは、スイッチプレートなどです。室内を柔らかいインテリアの雰囲気にしたいときには、スイッチや操作パネルなどの無機質なものを布で隠してみましょう。 インテリアのテイストに合わせた布なら、違和感がなくおしゃれになります。

▲使うときは、めくるだけだからスムーズ

額に入れてアートに格上げ

布を額に入れて飾るのもおしゃれです。
これはアフリカの生地を額装してあります。

カラのフレームと合わせて

カラのフレームと合わせてキャビネットの上に飾ったり、壁に掛けたり、気分で飾る場所をアレンジしています。

少し厚みのある布の質感と

少し厚みのある布の質感と色のトーンが、右下の革のソファの重みと合っています。

また、アンティークの布や、

また、アンティークの布や、切れ端を何枚か組み合わせてコラージュしたものを飾るのも、オリジナル性があっていいですね。革の切れ端をコラージュして額に入れて飾っているのをテレビで観たことがあります。かっこよくておしゃれだったので、真似してみたいと思いました。

殺風景になりがちな階段を表情豊かに

ラグを壁などに飾るのもおしゃれです。これはわが家の階段の手すりに薄手のラグを掛けてみました。

キリムやギャベなど、

キリムやギャベなど、中東の国々で作られている敷物を壁に飾っても雰囲気のあるおしゃれなインテリアになります。

▲素朴で可愛らしいデザインのギャベ。

ホテルのようにベッドスローとして

ホテルのように、ベッドの足元にだけ布を掛けて使うのも、部屋のアクセントとしておしゃれになります。

これは、ベッドスローやベッドライナーとも言って、欧米人は靴を履いたままベッドに横になる事があるので、汚れないように敷いているそうですが、インテリアのアクセントにもなるのでおすすめです。

▲ライラック色は女性らしくエレガント。

わが家のベッドに、

わが家のベッドに、旅行のおみやげにもらった布を掛けてみました。ビーチリゾートの布なので、夏を感じるインテリアになりました。

▲部屋が明るくなるピンク×イエロー。

布には薄手のものや厚手のもの

布には薄手のものや厚手のものがあります。薄手だと軽やかな雰囲気になりますし、厚手だとインテリアに重厚感がでます。

素材によっても印象が変わります。ナチュラルなインテリアなら、麻素材やレース素材など。北欧インテリアなら、暖かみのある北欧らしいデザインの生地を選ぶといいですね。

▲大人っぽく、落ち着きのあるうぐいす色。

▲やさしいカラーリングの北欧風。

アンティークの布は、

アンティークの布は、幅広いインテリアスタイルに合わせやすく、個性のあるおしゃれなインテリアに仕上がります。
古着屋でインテリア雑貨や、布を扱っているところもあるので、そういったお店で探してみるのも楽しいと思います。

インテリアに合わせた布選びもいいですし、季節に合わせて替えるのもいいですね。夏なら綿素材や麻素材。冬なら暖かみのあるウールやファーなどの素材を選ぶといいと思います。

▲秋冬はウールやファーがおすすめ。

最後に

もし使っていない、眠っている布があったらぜひ使ってみてください。布一枚だけで簡単におしゃれなインテリアになりますよ。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例