DAMA秋号
DAMA秋号

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

アートでセンスが一気にアップ!
“絵画”から“子供が書いた絵”まで
おしゃれに取り入れるテクニック

リード文

部屋はきれいだけど何かもの足りない・・・そんな時に取り入れたいのが、絵画やポスターなどの「アート」。壁に掛けたり、棚に置いたりと上手に飾れば、部屋のセンスが一気にアップすること間違いなしです。

絵画だけでなく、ポストカードや子供の絵などでも、飾り方ひとつでおしゃれになり、気軽に取り入れられるのもうれしいポイント。
アートは、部屋をもっとおしゃれに変えたい!と思っている人におすすめです。

画像

アートを部屋の印象を上げる
フォーカルポイントへ

いざ、アートを飾りたいと思っても、どこに飾ればいいのか迷ってしまう人も多いのでは?

そんな時は、部屋の印象を左右するフォーカルポイントを意識してみてください。フォーカルポイントとは、ドアを開けて部屋に入った瞬間に、自然と目が止まり、視線が集まる「部屋の見せ場」のこと。

たとえば、部屋に入ってすぐ見える壁や、ソファに座ったときに見える壁、ソファやベッドの上にある空きスペースなど。そういった視線がいきやすい場所にフォーカルポイントを作るのがコツです。

何も飾っていなかった時は

何も飾っていなかった時は少し殺風景に見えていた部屋も、お気に入りの絵やポスターなどのアートを飾るだけで、一気にセンス良く見えます。

おもてなしをしたり、くつろいで長い時間を過ごすリビングやダイニング。
小さめの絵を何枚か飾るよりも、大きめの絵を大胆に1枚飾る方が、空間がより引き締まって見えますよ。

ダイナミックな絵を選べば、

ダイナミックな絵を選べば、個性が際立って部屋のイメージがぐっと変わります。ゲストとの話題のひとつにもなりますね。

部屋のテーマカラーに

部屋のテーマカラーに合うアートを選べば、住む人のインテリアコーディネートへのおしゃれなこだわりを感じます。

リラックスしたいプライベート空間

リラックスしたいプライベート空間の寝室には、色数を抑えた心が落ち着く絵を選んでみるのもいいですね。

部屋のテイストや

部屋のテイストや、部屋の目的に合わせたアートを選んで、自分らしい空間を演出してみてください。

ポストカードは日常を彩るお手軽アート

部屋に飾る絵は、もちろん有名なものじゃなくても大丈夫。
旅先や美術館などで買ったポストカード、どこかにしまったままになっていませんか。気に入って買ったものだからこそ、せっかくならインテリアとして飾ってみましょう。
たった1枚のポストカードでも、フレームに入れるだけで雰囲気がガラッと変わります。

こちらは大きさや

こちらは大きさや素材が違う2種類のフレームを使って飾っています。
左は黒×ゴールドで縁取ったヴィンテージのフレーム。右はシンプルなデザインのアクリルフレームです。

種類やサイズの違うフレーム

種類やサイズの違うフレームを並べると、不揃いに思えるかもしれませんが、写真のテイストが合っていれば、空間がまとまりやすくなります。

ポストカードは扱いやすく、毎月でもお手軽に変えられるので、部屋を彩る楽しみも広がりますね。

子供の絵だって、立派なアート

日々成長する子供たちが描く、その時々の絵も、きちんとフレームに入れて飾るとおしゃれなアートに早変わり。

子供の絵に合わせてフレームを選ぶ

子供の絵に合わせてフレームを選ぶのではなく、絵を飾る部屋やインテリアのテイストに合わせたフレームを選ぶようにするのがポイントです。そうすることで、カラフルな子供の絵でも浮かずに、空間によく馴染みます。

行事ごとに子供の絵を入れ替えれば、簡単に模様替えもできるのでおすすめです。

「揃える」ことがポイント。
おしゃれに飾るコツ

家具と合わせてアートを飾るときは、位置を「揃える」ことを意識すると、グッと洗練された雰囲気になります。

ソファの上のスペースや、棚の上など、家具の中心に合わせて飾ってみてください。インテリアとのバランスが取れて、空間に統一感が生まれます。
また、棚の上や家具の周りなどにあまりものを置かないようにすると、アートがより際立ちますよ。

複数枚の絵を飾るときには、

複数枚の絵を飾るときには、縦または横で並べたときにどこか一辺を揃えたり、どちらかの絵のセンターに合わせてずらして飾ったりと、どこか1箇所でも揃っていると、すっきりした印象になります。

すぐできる!
あえて「直置き」でセンスアップ

壁や棚に飾るだけでなく、

壁や棚に飾るだけでなく、あえて床に直置きするのも、アートをおしゃれに飾る手段のひとつ。大きな絵を大胆に飾ってもよし、大きさの違う絵を重ねて飾ってもよし。

廊下、リビング、寝室。

廊下、リビング、寝室。どこにでも置けて、簡単に取り入れられるだけでなく、壁に穴を開けなくてOKなので、自由にアートを楽しめます。

最後に

飾る場所や飾り方を意識したり、フレームをこだわるだけで、おしゃれな雰囲気を演出してくれるアート。ポストカード1枚から始められるので、気軽にアートを暮らしに取り入れてみませんか?

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例