お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

IMG_4269.jpeg

遂に植え終わりました!

ご協力いただいたみなさま。本当に、ありがとうございました。

エキナセアだけでも、14種。

エキナセア エキセントリック
エキナセア オレンジパッション
エキナセア ハーベストムーン
エキナセア サンシーカー ブライトオレンジ
エキナセア サンシーカー レッド
エキナセア パープレア
エキナセア パラドクサ
エキナセア パリダ フラダンサー
エキナセア ピンクパッション
エキナセア フェイタルアトラクション
エキナセア ブラックベリートリュフ
エキナセア フレイムスロワー
エキナセア サンシーカーホワイト
エキナセア ロッキートップハイブリッド

グラス類も10種。

エラグロスティス トリコデス
カラマグロスティス カールフォースター
ソルガストラム インディアンスチール
デスカンプシア ゴールドタウ
デスカンプシア ノーザンライツ
デスカンプシア ピクシーファウンテン
パニカム チョコラータ
パニカム ノースウィンド
パニカム プレーリースカイ
パニカム ヘビーメタル

IMG_4261.jpeg

でも、完成!とは言えないのが庭の宿命。

確かに、植え終わりましたが、完成とは言えない。

これからの生長を、見守っていただきながら。

水やりだけでも一日中かかる。かけたい。5,000株。150種類の宿根草たち。

IMG_4266.jpeg

レッドハウスの周囲も、これから出来上がって行きます。

IMG_4246.jpeg

圧巻のバラ園。河合伸志さんの選ぶ育てるバラを、世界中のどこにもない雰囲気で引立てるのは、吉谷博光のデザインした構造。ここにバラ園を作るときめたとき

「河合伸志さんじゃなきゃ!」と無理を言ったのは私でしたが、本当にお忙しい河合さんがマメに中之条に通ってくださり、大変な苦労をされているので、ぜひ、見に来て欲しいです。

ガーデンパスの幅やロープ仕立てのデザインも、全てバラを一層美しい存在に魅せる。

そのモジュールの美しさも、世界水準と私は思います。あ、でもロープがあと10センチ長くても

よかったね。と、バラが育ってくるとロープを引っ張ってしまうので。シンメトリーに

下がらないので、仕立ての最中は、重りを下げたり...。

IMG_4243.jpegIMG_4245.jpeg

これが満開になったらすごいだろう。と、思うのですが、あと10日後か。

IMG_4155.jpeg

このラウンドポンドの周囲も白いバラが。その向こうがスパイラル。そのまた向こうに

新造した小さな池があり、その向こうにパレット。そのまた向こうにレッドハウス。

見事なビスタができました。その全体を博光が毎週、通ってデザイン。それは本当に

大変な作業でしたが、地元の造園会社や建設会社の方々の腕もよかった。

あとの悩みは、若手のガーデナーを育てないと...。

IMG_4152.jpeg

スパイラル・ガーデンも7月頃が宿根草の本番か・・・。雑草は抜いていただいていますが

植栽管理が間にあってないので心配です。

おかげさまで「園芸ガイド」で募集していた、7月4日のバスツアーもすぐに満席となりました。

私もこの日は1日、庭におります。

IMG_4146.jpg

ずっと大きなプレッシャーだったけれども、安堵は

何よりも、この地面に5000株が植わったこと。

IMG_4261.jpeg

やはり。凄い数でした。パンジーやチューリップの5000とは訳が違う。

育ち方や開花期のことなる100種類の植栽デザイン。

そして信じられないほど、土壌が悪く、土壌分析から、前の週にバイオゴールドの肥料や耕運機を

かけていただいたにも関わらず、鉄板みたいな土。植物が植わったことで、

これから微生物が増えて柔らかくなることを予測、理想、願いつつ。

image3.jpeg

三日間、サポートをしてくださった、浜松、栃木、埼玉から遠征の女子チームの他、

中之条花の会の皆様に植え付けのご協力をいただき三日で終わりましたが、

工事開始までの数日は、うまく行かないのではないかと、ずっと悪夢を見ていた私です。

ひとまず...。

IMG_4273.jpeg

無事終了。帰りに、中之条町の「つむじ」によって、コーヒーを買って。

ゆっくりと運転して無事帰宅しました。繰り返し、ご協力いただいた皆様!

ありがとうございました。明日は、横浜山下公園へ!ちょっと一部水切れで枯れちゃったらしいので

苗の差し替えで行ってきます。横浜のバラ、満開が続いているそうです。


■おすすめ特集

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの菜食デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives