お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

IMG_4427.jpg

本日は、横浜市山下公園に作ったコンテナーガーデン5器のメンテナンスに行ってまいりましたが

その前に。以前から河合伸志さんがプロデュースする横浜イングリッシュガーデンは

本当に凄いと思っておりましたが

もう!これは圧巻!写真は閉園後、日暮れ寸前にお邪魔した横浜イングリッシュガーデン。

光も乏しかったのですが。凄み。さえ感じた世界でした。

IMG_4039.jpg

さて、先週の土曜日に作った山下公園、未来のバラ園のコンテナ。

IMG_1238.JPG

一緒に企画を進めて見回りもしてくださっている、横浜イングリッシュガーデンの方から

ずっと雨が降らず、天気良く乾燥が続き、お水大好きなダリアが西日の一番厳しい箇所で

「枯れた!」と、先日中之条にいた時に連絡入り、代替え植え替えが本日のミッションでした。

今日、行ってみると曇り空の下(作業はこれが楽ですが)

IMG_4351.jpg

1週間で開花が進み。今回、選んだデルバールのペインターシリーズに色彩が出始めていました。

IMG_4338.jpg

相対的に観てくださると嬉しいのですが、相変わらず、みなさまバラ一輪の接写多し。

それも、大事な視点ですが、それだけで終わるのは残念。

大方の年配の方は、バラの接写。かたや若い人たちは、バラの横でピースサインのツーショット。必ず自分入り。

そんな中。本日、偶然おいでくださった方 (私のアウトフィットブランドShade 時代の同窓会の皆様)

は、庭や花を観る視点が、やはり流石なのでありました。

image2.jpeg

こんな素敵な写真を送ってくださったのは、K様。

バラはもちろん素晴らしいのですが。コンビネーション、あるいは、コンポジションを

捉えるという。その視点こそが、私の寄せ植えのメインテーマ。

ダイアンサス・ピニフォリウムが花咲いて色ずいてきました。カンパニュラも。

リリックで質感が豊かで、これで、淡い朝日か夕日が差していたなら、英国のよう。

さて、私のイマイチな現実直射写真に戻ります。

IMG_4351.jpg

IMG_4353.jpg

かなり咲いてきたので、世界観が出てきたようにも思いますが。まあ!周囲のバラがすごいですので。

IMG_8032.jpg

こちらは、M様にいただいた写真。この場所、ややこしいのが上からも見学できるので、

ウラの花も咲くように苦心しました。

IMG_4329.jpg

IMG_4323.jpg

IMG_4319.jpg

さあて!河合さんの作るバラ園って本当に様々な植物とのコンビネーションが素晴らしい。

こちらは、港の見える丘公園のバラ園。

そして、こちら以下全て..横浜イングリッシュガーデン。

IMG_4418.jpg

IMG_4407.jpg

IMG_4404.jpg

IMG_4400.jpg

IMG_4384.jpg

IMG_4381.jpg

IMG_4379.jpg

IMG_4370.jpg

IMG_4367.jpg

IMG_4364.jpg

今年、横浜市のバラ園と。横浜イングリッシュガーデンがまだの方はぜひ!

ただし今の時期は混んでいるので、平日がおすすめです。お天気の日の夕方と早朝なども

良さそうです。


■おすすめ特集

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの菜食デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives