お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

IMG_6547.jpg

4日目(9箇所目)

やはり、本当にカッコいい場所ですね。

18世紀の農場をモダンアートの展示を中心とするアート施設へと改装して2014年にオープンした

ハウザー&ワース サマセット Hauser & Wirth Somerset全体の広さは100エーカーですが

Pietさんの、なかでも1.5エーカーの【Oudolf field】が有名に。

映画『FIVE SEASONS』でもここがクローズアップされて。


ゆるいカーブで描かれた17のセクションには26000株の多年草。

その上部には、チリの建築家SmiljanRadićが設計したRadićPavilion(ラディッチパビリオン)、白い楕円形の建築物があります。

これは2015年3月にHauser&Wirth Somersetに設置されましたが、もともとは前年2014年のSerpentine Gallery 2014 Pavilionとして発表されたもの。

IMG_6570.jpg

今回は、正式なパーミッションを頂き(前回は、許可が下りず、ゲリラしてごめんなさい)

ハウザー&ワースのスタッフに丁重にアテンドもして頂きつつ、(ここのスタッフ、全員かわいい!)

IMG_2752.jpeg

庭とギャラリーの全てを2時間半ほど、じっくり見学。お買い物もしっかり...。

IMG_6569.jpg

まさに、現代美術とガーデン。歴史ある場所のヒストリーに現代の解釈がうまく融合している。

IMG_2806.jpg

ヘッドガーデナーのマークさんに伺った。2014年にピート・アウドルフさんが、ここの植栽図面を書いた時から、プランティング・プランは変わっていませんか?と、聞きました。

そしたら、「結構、変えたよ。うまく育たない植物もあったから。僕が変えたの」

IMG_6512.jpg

土壌改良が十分でなく、土壌に酸素が足らないので、このような土壌改良剤を混ぜて

目下、まだまだ改良中。園内にナーサリーもないし、スタッフも基本はフルタイムで働く

自分一人(パートタイムでくることもあり)なので、間に合わないし。

IMG_6516.jpg

うまく育たない植物がありグラス類も、ディスカンプシアなどがうまくいかない場所があるそうですが

写真を撮った箇所は、土が悪い場所でも育つ品種ばかり...。だとか。

IMG_6522.jpg

でも、一日当たり100人以上の人々が押し寄せるようになったというハウザー&ワース。

まだまだ、繰り返し訪ねてみたい(色々な季節に)コンテンポラリーガーデンです。


■おすすめ特集

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの植栽デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives