お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

専門家吉谷桂子のガーデンダイアリー ~花と緑と豊かに暮らすガーデニング手帖~

ブルー・フラワー・フェスティバル @銀河庭園へ

吉谷桂子

180623_106.jpeg

イギリスから戻って間もないのですが、北海道へ。6月の北海道の庭はまさにイギリスと似ています。

180623_097.jpeg

むしろ、少し南西イングランドよりは遅い初夏かもしれませんが、気温もイギリス並みに

180623_108.jpeg

肌寒い.....。ようです。イギリスも今回は本当に寒かったです。思わずダウンジャケットを

買ってしまったほど。しかし、その分花持ちが良いので長く楽しめますが。

180623_101.jpeg

私が北海道の庭でいつも感激するのは、イングランドの光線に似た光線の質です。

クォリティオブライト。

なので.....写真で見ると、これまで見ていたイングリッシュ・ガーデンの写真と

銀河庭園の写真。国の違いなどは見分けがつかないのでは?

180623_215.jpeg

と、ここまではプロのカメラマンの撮ってくれた写真なのでなおさら美しいです。

また、この庭に私がデザインディレクションで入らせていただくようになって、今回、

新たな植栽が登場。それが

メイズ .jpg

このメイズ・ガーデンです。6月は、特に青い花の咲く時期であり、

ブルー・フラワー・フェスティバルの期間でもありますが、そんな最中にみる赤いポピーは

より一層鮮烈に変化をもたらすはずだと考え、従来のメイズガーデンにメリハリを与える植栽を施しました。

DSCN2395 - メイズ 晴れの日.JPG

広いメイズスタイルのメドウ・ガーデンの中に、アクセントになるように、自然な印象の野趣ある

草花を加えて楽しい眺めになっています。この写真は私がイギリスにいるときに山口さんが

送ってくれたもの。

トレリス ベンチ S DSCN2399.JPG

それから、今回、というか、前回訪問した際、新たに作ったのが、ブルー・フラワー・ベンチ。

ここにブルー系のお洋服(白っぽい感じも良さそう!)で座って写真を撮って見たら、楽しいかな?と。

そして、6月23日(日曜日)には、イギリス帰国間もない私が皆様と銀河庭園の庭を回るガイドツアーと

ブルーフラワー・アフタヌーン・ティをセットにしたイベントを計画しています。

IMG_3553.jpg

(この写真は銀河庭園の近くの住宅街脇の中央分離帯!)

まだお席に余裕がありますので、イギリスの話題も一緒に、ブルーフラワーを楽しみに

IMG_3819.jpg

いらっしゃいませんか?ドレスカラー・コードはブルーか白ですが、アクセントでこの色を取り入れるのでも

IMG_3849.jpg

全身ブルーでも。ご自分自身が楽しめたらどんな感じでもOKです!お申し込みは以下まで。

http://www.ecorinvillage.com/ecorinvillage/ginga.html


■おすすめ特集

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの植栽デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives