お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

IMG_7384.jpg

それは、今回のイギリスの旅の途中で目にした言葉でした。

You can't take home the atmosphere.

旅行をして味わう雰囲気。それは持ち帰れないということなのかぁ。そうだろうか?

IMG_7325.jpg

そうかなぁ?そうかもしれないなぁ。それについて考えてみたことがなかったかもしれないので

その言葉を目にしてから、ずっと考えていました。

IMG_7386.JPG

庭の雰囲気もそうだし、特にインテリアは独特の雰囲気。味わうことはできても

そうですね。そのまま、その感じをトランクに詰めて帰ることはできません。

特にヨーロッパの光は独特。

IMG_7147.jpg

余談ですが、今年1月からヨガを始め、ヨガの呼吸がうまくいくと瞑想に入り、この景色の中に

魂だけは、行ける感じが。

IMG_7099.jpg

好きだったイギリスの雰囲気のなかに、ふっと心が溶け込んでいけるときがあります。

IMG_7406.jpg

明るい夕方(20時すぎても)のディナー。ベビーケールのサラダの美味しかったこと!

IMG_7258.jpg

(このアルチザン・ジン。デイルズフォードのオリジナルでとても香りの良いジンでした。

ハンパースについていたので、すべてサービス。持って帰りたかったぁ)

IMG_7379.jpg

スパの施術後にハーブティーをいただいて。ハートのティーバッグは、デイルズフォードのオリジナル。

IMG_1910.jpg

施述後。ぽよ〜ンとしてしまいました。インドの立派なターバンの先生に夜ハタヨガのセッションも

あったのは、後から気づいて。失敗!(ちなみにこのスパのセッションは宿泊費に組み込まれているので

半ば強制的に受けるのですが、わたしは、疲れが一気に吹き飛びました)

そんなデイルズフォードの三泊四日を過ごしたスパやハニーサックルコテージだったりその芝生の庭

IMG_3196.jpg

はてまた、静かなバースの街を歩いたときの感じだったり、バリーコートの庭だったり。

心の中でその雰囲気に戻っていくことは出来るように感じます。

IMG_7131.jpg

でも、唯一、実際に持ち帰れた気がしたのが、滞在中、ホテルやハニーサックルコテージで聞いていた

FM局の番組そのものでした。スマホの無料ダウンロードで、イギリスの長寿ラジオ番組、

「 Classic FM 」のライブが聞けるので、ライブであの雰囲気を味わうことができています。

IMG_7400.jpg

30年近く前から7年の間。ロンドンの自宅の庭で天気の良い日にラジオを庭に持って行き、

庭仕事をしながら、このクラシックFMをずっ〜っと聞いていたのが、懐かしくて。

土曜日はガーデニング番組で人気のアラン・ティッチマーシュの司会の番組もある。

IMG_7252.jpg

サウンドロゴも30年前と変わらず。ただし、時報はイギリス時間なので、時差ぼけが治りにくい。

ここでかかる局はリラックス・タイムにぴったりのシューベルトやモーツァルトなど。

また、このラジオの写真は、昔ながらの女王陛下の愛するラジオ、ロバーツ。

でも今はかかっている曲がこうしてデジタルで表示される。このラジオが欲しくて何度か、買いそうになった。

でも、先にBluetooth ができるようになったチボリオーディオのラジオを買ってしまったし

B&Oも何度か。私は女性にしてはオーディオ好きなのであります。スピーカーはイギリスのQUAD....。

IMG_7477.jpg

この時かかった曲は大好きな、バッハの「羊はやすらかに草を食み」。

この曲は我が子が中学1年の時に学校のアンサンブル・クラブのチェロパートで(ヘタながらも)

この曲を弾いた記憶も相まって、

この曲を聴いただけで涙がでそうになるのですが、本当に安らかで、かわいい曲です。

IMG_7510.jpg

ぜひ、花咲く牧草地などでこの曲を(ヘッドホン)などで、聞いてみてくださいませ。

IMG_7259.jpg

IMG_7260.jpg

それぞれのパーツを持ち帰ったとしても、それを日本の自宅のテーブルに広げたとしても

あの雰囲気は戻ってこないように思うのです。

IMG_4140.jpg

でも、その雰囲気を知っていると....、あの感じを再現する努力はできるように思っています。

私の庭で5月に撮った写真ですが、このネストテーブルは、雰囲気がある。微妙なグレージュなのとクラシックな脚のイメージから。

IMG_7383.jpgIMG_7327.JPG

この雰囲気。やっぱり、バーン。というか、納屋の感じがないとだめでしょうか?

IMG_7801.jpg

偶然ですが、ハニーサックル・コテージのドア。

IMG_4290.jpg

我が家の収納庫のドアノブを真鍮製に変えたのと似ていて...。

IMG_4282.jpg

イギリスで見慣れている色調で、オリジナルのガーデンアイテム。

そんな、欲しい雰囲気のための、デザインをさせていただいております。


■おすすめ特集

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの植栽デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives