いいプレCPN
いいプレCPN

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

ひとつあるとおしゃれで便利!
スツールの使い方、選び方

リード文

インテリアコーディネーターの松本智子です。
いろいろな種類の家具がある中で、ひとつあるとおしゃれで便利なのがスツールです。
スツールとは背もたれのない椅子のことで、各部屋でいろいろな用途に使えるのでおすすめです。今回はスツールのおしゃれな使い方、選び方をご紹介いたします。

画像

スツールのおしゃれな使い方

どんな使い方ができるか、エリアごとに分けてお話していきます。

・玄関で

植物や季節のものを置いて、飾り台としておしゃれ感を出してみましょう。素材やフォルムで雰囲気が全然違ってくるので、玄関をおしゃれに見せる楽しみが広がります。
外から帰ってきたときには、かばんの一時置きにもいいですね。

もちろん…

もちろん、座れば靴の脱ぎ履きがしやすくなりますし、特にブーツのときは助かりますね。

・洗面所で

我が家は洗面所にひとつスツールを置いています。朝、お化粧をするときやドライヤーを使うときに座ったり、お風呂に入るときの着替えの一時置き場として使っています。

・寝室で

ベッドサイドに置けばナイトテーブルの代わりに使うことができます。
時計、照明スタンドなどの必需品を置いたり、読みかけの本、スマホ、メガネも置けますね。

・子ども部屋や書斎で

かばん置き場の定位置として、デスクの横にスツールを置いてみてください。机に向かっているとき、近くにかばんがあれば必要なものをサッと出しやすくなります。

また、子ども部屋の場合は…

また、子ども部屋の場合はスツールの上に着替えを準備して置いておけば朝の着替えがスムーズになりますし、靴下を履くときにも座ればラクチンですね。

・リビングで

いろいろと用途のバリエーションが多いのがリビングです。

玄関や子ども部屋と同じように、かばんの一時置き場としてスツールを置くのもいいですね。
置き場所を決めておけば、床、食事用の椅子、ソファの上に置くことを避けられるし、置きっぱなしなのにサマになっておしゃれに見えます。

ソファの横にスツールを…

ソファの横にスツールを置けばサイドテーブルとして飲み物、スマホ、テレビのリモコンなどを置くのに活躍します。
1人掛けのソファの脇にはひとつ。2人〜3人掛けのソファの場合は両脇に置いてシンメトリー(左右対称)にするとインテリアのおしゃれ度が増します。

オットマンの代わりに…

オットマンの代わりに足乗せとしても使えます。我が家でもこの使い方をしてますが、これはリラックスできてなかなかいいですよ。テレビを見るのにもラクなんです。

ホームパーティーなど…

ホームパーティーなど数人の来客があってテーブルを囲んで食事をするときに、スツールがあれば普段より多く座れます。

もし頻繁に来客が…

もし頻繁に来客があるのならスタッキングできるスツールを用意しておくといいですね。スタッキングとは積み重ねられるタイプの椅子です。これで多少人数が増えても大丈夫。

リビングにパソコンスペースが…

リビングにパソコンスペースがある場合、背もたれのないスツールがジャマになりにくくておすすめです。

リビングに限らず玄関の…

リビングに限らず玄関のところでもお話ししましたが、植物を置く台として使えばおしゃれ感も上がります。

このように、とくにリビングは…

このように、とくにリビングはスツールがひとつあるだけでいろんな用途に使いまわしができて本当に便利です。
例えば、パソコンスペースで使っていたスツールは、ソファで足乗せにも使えるし、ソファのサイドテーブルにもなるし、来客のときの椅子にも、と臨機応変です。

ほかにもキッチンカウンターがある…

ほかにもキッチンカウンターがある場合は、カウンター用チェアとして高さのあるスツールを選ぶのが良いですね。気ラクなお友だちとの語らいや、朝食時などに使うのにいいと思います。

スツールの選び方

座るだけなら座面にクッション性のあるものを選んでもいいですね。色も柄も豊富だからインテリアとしても楽しめます。

リビングに置くなら…

リビングに置くなら、ソファに置くクッションと色合わせをするとインテリアに統一感が出てきます。

スツールに物を置く場合…

スツールに物を置く場合には安定してるほうがいいので、できれば座面が平らなタイプをおすすめします。

来客が多いお宅なら…

来客が多いお宅ならリビングのときにもお話ししたように、重ねられるスタッキングタイプのスツールをおすすめします。数が多くても普段は部屋の隅に置いておけばジャマにならず、すっきりしまえます。各部屋で普段使いをしてもいいいですね。

座面がフタになっていて…

座面がフタになっていて中に収納できるタイプのスツールもあります。こういうのもあると便利です。

形も四角に限らず…

形も四角に限らず丸い形だと柔らかな印象です。色やデザインでインテリアのアクセントになるスツールを選ぶのも楽しいです。
素材は、木や革やポリカーボネートなど、インテリアの雰囲気に合わせて選ぶのもいいですね。

脚付きのスツールの場合…

脚付きのスツールの場合3本、もしくは4本脚になると思います。ただ3本脚の場合、座るにはもちろん問題ありません が踏み台代わりにして上に立つのは不安定なのでやめましょう。

最後に

このようにスツールは、脇役のようで実はいちばん使える家具かもしれません。1脚でいろんな用途に使えて、一石二鳥以上だと思います。

背もたれが無いので、スペースを多く取りません。私の家にもタイプの違うスツールがありますが、1脚はテーブルの下に置いて使うときにサッと出して便利に使ってます。

これからは…

これからはスツールにもちょっと注目してみてください。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例