LINE JTB旅行券プレゼントキャンペーン 12/11 10時〜1/14
LINE JTB旅行券プレゼントキャンペーン 12/11 10時〜1/14

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

〜北欧・男前・モダン〜
流行の3大インテリアスタイルで
お部屋をおしゃれにするポイント

リード文

お気に入りのおしゃれな部屋にしたい、人を呼べる部屋にしたいって思うことありませんか?
スタイル別でお部屋がおしゃれになるインテリアをお伝えします。

男前インテリア

最近とても人気のあるインテリアが「男前インテリア」。実は男性だけでなく、女性にも人気があります。
同じようなキーワードで、ブルックリンの街並みを思わせるレンガの壁紙を取り入れた「ブルックリンスタイル」や工業的な「インダストリアル風」、カリフォルニアのリゾート感がある「サーフ風」などもあります。
これらのスタイルのポイントとしては、長く使い込んだような素材を選ぶのがインテリアの特徴です。

イメージとしては、武骨でクールな感じ…

イメージとしては、武骨でクールな感じ、年月を経て経年劣化したような味のある雰囲気、朽ちたようなジャンキーな仕上げ、など。
傷がついてたり、汚れていたりするのも味があるととらえられるヴィンテージインテリアですね。

またアイアン素材を取り入れると、無機質だけれども鉄ならではの重厚感が出て、インテリアが引き締まります。

ピカピカとした新しいインテリアよりも…

ピカピカとした新しいインテリアよりも、こういった使い込んだスタイルのほうがシックな色使いになりますので、その落ち着いた雰囲気から男前インテリアが好きという人もいます。

男前インテリアでおすすめの素材は…

男前インテリアでおすすめの素材は本革。もちろん、帆布(はんぷ)のような厚手で丈夫な生地でも合います。

窓には、木製のブラインドがおすすめです。
最近ではヴィンテージ仕上げが施されているブラインドもありますので、そういったデザインのブラインドを選ぶのも、個性が際立っていいと思います。

おしゃれなインテリアに欠かせないのが観葉植物

おしゃれなインテリアに欠かせないのが観葉植物。ゴムの木のような葉の色が濃くて、厚みのあるグリーンが男前インテリアには似合います。

男前インテリアのキーワードは

男前インテリアのキーワードは「かっこいい」。
そういう目線でインテリアを選ぶと、自分らしさが詰まった、かっこいいインテリアを演出できます。

北欧スタイル

もうすっかり定番になっている北欧スタイル。
デンマークの家具デザイナー、ハンス・J・ウェグナーの「Yチェア」は有名ですね。わが家でも使っています。
この椅子は世界でも日本がいちばん売れているそうです。日本で北欧スタイルの人気が高く、インテリアによく取り入れられている証拠ともいえますね。

お部屋作りのポイントとしては…

お部屋作りのポイントとしては、北欧デザインの家具や、雑貨、ファブリックを取り入れるのがきわめて簡単です。「北欧 家具 デザイナー」などで検索をするとたくさんヒットするので、きっとお好みのアイテムが見つかるでしょう。

北欧の家具は、シンプルで使いやすいのが魅力。木の良さを活かしているので日本の住宅、和室などにもなじみやすいです。

同じ家具の形でも、

同じ家具の形でも、木の素材、木の色が違うので、それによってイメージも変わります。最近では、北欧ヴィンテージも多く扱われています。

生活用品や雑貨も、食器、花器、

生活用品や雑貨も、食器、花器、キャンドルホルダーなど今ではたくさんの種類が見られます。

ほかにもデザイナー照明などを…

ほかにもデザイナー照明などを取り入れると、おしゃれ感が高まって北欧インテリアが引き立ちます。

ファブリックでは、フィンレイソンなど

ファブリックでは、フィンレイソンなど有名な北欧ブランドやデザイナーのカーテンやクッションカバーを取り入れると、お部屋が明るく楽しくなります。

有名ファブリックメーカーでは…

有名ファブリックメーカーでは日本人のデザイナーも所属しているので、どこか日本を感じるデザインもありますね。

北欧スタイルのキーワードは

北欧スタイルのキーワードは「自然」だと私は思っています。木の家具はもちろん、ガラス小物にも自然を意識したような柔らかな色を感じます。

ファブリックの柄に、動植物のモチーフが使われているものも多く、やさしい雰囲気があります。北欧スタイルは、ほっこりとした空気感を感じさせてくれる癒しのインテリア、というイメージですね。

北欧スタイルに関してはこちらのコラム

北欧スタイルに関してはこちらのコラムでも触れています。ぜひ参考にしてみてください。「部屋がもっとおしゃれになる!インテリアに統一感をもたせる方法」

モダンスタイル

インテリアコーディネーターをしているわたしのところにいらっしゃるお客さまの中には、「モダンなインテリアにしたい」とおっしゃる方が多いです。

でも、このモダンというのが、

でも、このモダンというのが、人それぞれイメージが違うと感じています。なぜなら「モダン=今風」なので、これまでご紹介した、男前インテリア、北欧インテリアなど、そういった「○○インテリア」というスタイルの確立がありません。つまり、ミックススタイルで仕上げる上級インテリアになります。

ポイントとしては、まずは大きく占めるインテリアに何を選ぶかで印象が変わります。また、本物の素材を一つでも取り入れることで、一段と上級のインテリアになります。

たとえば、メインとなるインテリアに、黒やこげ茶色の本革ソファ200cm幅ぐらいを選んだとします。

テレビ台は同じように濃い色にし、

テレビ台は同じように濃い色にし、テレビの背面の壁だけアクセントに濃い色のクロスを貼ります。こげ茶色のクロスを選ぶ人が多いですが、テレビは黒が多いので、黒にするのもテレビが馴染んでいいと思います。

濃い色の本革ソファに…

濃い色の本革ソファに、光沢のあるクッションを置くとより高級感がでます。

窓にはグレーや茶色などの

窓にはグレーや茶色などの、色のついたレースカーテンを選んでみましょう。

こんなふうな配色で家具や壁を揃えると

こんなふうな配色で家具や壁を揃えると、シックで大人っぽいモダンスタイルになります。

ちょっと色が重いと思ったら、ガラスのリビングテーブルを置くと、少し抜け感がでて重過ぎない印象になります。

また、同じように黒や茶の濃い色のソファ…

また、同じように黒や茶の濃い色のソファでも、テレビ台を白やグレーなどで合わせるのもおしゃれです。茶色と白の組合せは上品で人気があります。

その場合窓には、バーチカルブラインドという、縦型のブラインドを選ぶと、すっきりとシャープな印象のお部屋になります。

ラグを選ぶ場合、無地で毛足が長い…

ラグを選ぶ場合、無地で毛足が長いタイプにするとゴージャス感が出ます。また、独特の光沢感が美しい、シルク緞通(だんつう)など、上質なラグを取り入れるのもおすすめです。

モダンスタイルのキーワードは「本物志向」。

モダンスタイルのキーワードは「本物志向」。
決してすべてに本物を取り入れる必要はありません。
ファッションと同じで、本物と手頃なものを合わせて、上手におしゃれな部屋を作ることができます。

最後に

今は、インターネットで検索すれば、たくさんのインテリアスタイルが見られます。いろんなインテリア用品も購入できます。だからこそ、何を選んでいいのかわからない、ということもあると思います。

自分の好きなインテリアの探し方はこちらでご紹介しているので、参考になさってみてください。「家具を買う前に知っておきたい!部屋をおしゃれに見せる、家具選びのポイント」

今回の記事を参考にしていただいて、好きなインテリアスタイルを見つけるのもいいですし、何より自分がたまらなく好きなもの、本当に気に入ったものを選んで、自分だけのお気に入りのインテリア空間にしてください。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例