梅雨もウキウキ!ルーレット
梅雨もウキウキ!ルーレット

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

−寝室を居心地のいい空間に−
心身ともに癒される
おしゃれなインテリア

リード文

人生の3分の1は睡眠と言われますが、1日8時間眠れている人は少ないかもしれません。

たとえ短い時間でも、心地よい睡眠がとれたらいいですよね。寝室をおしゃれにコーディネートして、くつろげる空間にしませんか?

ベッドの雰囲気を変える

心地いい寝室を作るなら、インテリアの雰囲気を変えてみましょう。いちばん手軽な方法は、布ものを替えることです。まず布団カバー、シーツ、枕カバーを替えてみましょう。ベッドは大きくて存在感があるので、お部屋の雰囲気がガラッと変わりますよ。

1. 好きな色でベッドリネンを選ぶ

何色が好きですか?無地でも最近では色の種類が豊富に出ているので、お好みに近いものが探せると思います。

好きな色から柄物を選んでもいいですね。

好きな色から柄物を選んでもいいですね。たとえば、緑色が好きなら緑色のチェック柄を選ぶのはどうでしょう。

また、同じ緑でも緑色をベースにした

また、同じ緑でも緑色をベースにした植物柄を選ぶと、雰囲気は全然違ってきます。

花柄でもベースの色がネイビーやブラウンだと

花柄でもベースの色がネイビーやブラウンだと落ち着いた雰囲気になりますよ。

2. 好きなインテリアスタイルでベッドリネンの素材を選ぶ

好きなインテリアスタイルでベッドリネンを選ぶ方法もあります。私のお客さまで「寝室をホテルライクにしたい」という方がいらっしゃいました。

「ホテルライク」な寝室を作るときのコツは、

「ホテルライク」な寝室を作るときのコツは、シーツや枕など、ベースとなるベッドリネンの色に清潔感のある白を使うこと。そしてそこに室内のインテリアと調和する色を加えます。

海外で宿泊したホテルです。ベッドリネンは、やはり白。ベッドヘッド、ベッドの足元の椅子、パーソナルチェアなど、ベッド回りの色が「ブラウン×ネイビー」の色合わせで統一されている寝室でした。シックで大人っぽく、上品。心地よく眠れそうな落ち着きを感じました。

綿素材なら、アイロンをピシッとかけたり、

「白いベッドリネン」と言っても素材によってインテリアの雰囲気は変わります。

綿素材なら、アイロンをピシッとかけたり、シーツをピーンと張れば、整えられた美しいインテリアになります。

シワ感がいい味を出す麻素材

シワ感がいい味を出す麻素材なら、柔らかいナチュラルな雰囲気に。

シルクのような光沢のある素材なら、

シルクのような光沢のある素材なら、ラグジュアリーで都会的なインテリアになります。

こちらは国内のホテルです。

こちらは国内のホテルです。今はシンプルでミニマルなホテルも多くなっていますね。ベッドリネンには綿素材が使われていました。清潔感あふれる寝室で、パッと見るだけでも心地よく眠れそうな雰囲気でした。

快適なベッドをしつらえるときは、

快適なベッドをしつらえるときは、色・素材・インテリアスタイルなど、どれかひとつ好きなものを選んでから決めていくのがおすすめです。

カーテンを替える

カーテンを替えるのも、寝室の雰囲気を変えるのに効果的です。

コーディネートのコツは、布団カバーに柄物を選んだら、その中の一色を無地のカーテンで取り入れる。また、その逆パターンで、柄物のカーテンを選んでその中の一色を布団カバーに取り入れることです。

そんなふうに色をリンクさせるとインテリアに統一感が出ておしゃれになります。

カーテンは色も柄も豊富。

カーテンは色も柄も豊富。インテリアのイメージに合わせたり、季節感が出るものを選んだり。あれこれ悩みながら選ぶのも楽しいものです。

レースのカーテンも最近では白だけでなく、

レースのカーテンも最近では白だけでなく、素敵な色や柄モノがたくさんありますね。

寝室におすすめの色は、

寝室におすすめの色は、優しいトーンのブルーやグリーン、落ち着きのあるブラウンやベージュなどです。気持ちが安らぐような色を選びましょう。

灯りで雰囲気を作る

睡眠には灯りも大事です。電球色の黄色やオレンジ系の温もり感ある優しい色だと、くつろぎや安らぎを感じやすくなります。

今は蛍光色から電球色に色を替えられる

今は蛍光色から電球色に色を替えられる照明器具もありますし、手軽なものならスタンド照明を置くのもいいですね。

電球色の灯りは部屋に陰影ができて奥行きが出ます。インテリアがおしゃれに仕上がるおすすめのアイテムのひとつです。

香りでリラックス効果を高める

ほかに、リラックス効果があると言われている香りを使うのもおすすめです。ルームスプレーやディフューザーなどデザインが素敵なものもたくさんあるので、部屋に置くだけで、おしゃれなインテリアになります。

コンセントに挿して、

コンセントに挿して、灯りと香りを楽しめるものもありますね。

最後に

快適な寝室作りにいちばん大事なのは、好きなものに囲まれることだと思います。寝室にぬいぐるみがあると癒されるなら、それも大事なインテリアアイテムのひとつです。おしゃれで、くつろげる空間にしてください。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例