真夏の祭典!1500円
真夏の祭典!1500円

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

ゲストを温かく迎えいれる
玄関インテリア

リード文

人と接するとき、第一印象がとても大切なように、自宅へ招く際にも第一印象が大事になってきます。
ゲストが最初に訪れる玄関は、いわばその家の第一印象を決定づける空間。そこがどのようになっているかによって、その家の印象が分かれるとも言われています。
そこで、ゲストを気持ちよく迎え入れることのできる玄関の作り方を、インテリアコーディネーターの秡川寿美礼がお伝えします。

なによりも、まずは整理整頓を心がけましょう

大切なのは、ゲストを温かく迎え入れたいという配慮がなされているかどうかということ。
靴が何足も出しっぱなしだったり、靴箱の上に鍵や認め印などが無造作に置かれているようでは、相手に不快感を与えてしまう恐れがあります。

見せる収納と隠す収納を上手に使いこなしながら、適量適所に物が収納された、清潔で整然としたエントランスルームというのが、ゲストを温かく迎えいれるために最低限守っておきたいことです。

\こうしてみましょう!/
ベンチやフックを用意しておもてなしの心をプラスする

そのうえで、スペースの広さに合わせて、ゲストにもてなしの心を伝えるプラスアルファのコーディネートを楽しんでみましょう。
広い空間であれば、ベンチ型の収納ボックスなどを置くのもオススメ。収納スペースとしてはもちろん、ブーツなども楽に履くことができ、女性や高齢のゲストには特に喜ばれるはず。

衣類を収納できるクロークを用意しておくのもいいでしょう…

衣類を収納できるクロークを用意しておくのもいいでしょう。難しいようであれば、衣類が掛けられるフックみたいなものでもOK。
ゲストのために、わざわざこういったものを用意した、という気持ちが、なによりも大事なことなのです。

自分らしいアイテムでエントランスルームをディスプレイ

インテリアの中に「トーキングピース」をさりげなく配置するというのも、ゲストをもてなすうえでは必要なこと。
「トーキングピース」とは会話を盛りあげるための道具のことで、ホームパーティの盛んな欧米などではよく見られます。
絵画や写真、小物など、ゲストの興味をそそりそうなものを飾ることで、ゲストの心をほぐし、結果自然と会話が生まれ、和やかな雰囲気を作ることができます。

\こうしてみましょう!/
話題になりそうなトーキングピースの選び方&飾り方

ここでポイントとなるのは、どんな「トーキングピース」を飾るかということ。オススメは趣味で撮った写真や旅先で手に入れた小物など、自分の個性を演出できる物。
ゲストに対して自分を知って貰うためのきっかけにもなりますし、さらには気に入ったものをディスプレイすることで、自分自身が気持ち良く過ごすことができます。

飾る際ですが、ゲストがドアを開けた時の視線を考慮して物を置くこと。靴を履いている状態の視線の高さと、家の中からの視線の高さには違いがあるので、その部分に注意してディスプレイしましょう。

植物や小物で季節感を演出する

見られることを意識している、とゲストに思わせることも、もてなしのひとつ。
そこで、もうひとつ抑えておきたいのは季節感を演出すること。植物や小物を使い季節感を演出したディスプレイは、ゲストを新鮮な気分にさせ、場を和ませる効果があります。

\こうしてみましょう!/
あくまでもさりげなく。でもゲストの視線に入る位置へ

特に花や緑などの植物は、場の雰囲気を明るくするとともに、ハレの場にしてくれるので、是非とも取り入れて欲しいもの。
飾る際は、家具のカウンターや壁面もいいですが、玄関の足元に置くのもオススメ。あまり大きくない植物を、ゲストが靴を履く際に自然と視線に入る位置にさり気なくディスプレイする。センスの良さとともにもてなしの心がゲストに伝わるはずです。

1月に正月飾り、3月にひな人形といった具合に植物以外のものを飾るのもオススメ

1月に正月飾り、3月にひな人形といった具合に植物以外のものを飾るのもオススメです。季節の移り変わりを楽しむことができますし、また「トーキングピース」としても活躍してくれるはずです。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例