DAMA秋号
DAMA秋号

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

季節感と彩りをプラス
冬から始める枝ものインテリアのある暮らし

画像

リード文

おうちでの快適な暮らしを考えた時、グリーンやお花のある暮らしをしたいと思う人も多いのではないでしょうか?

そんな時おすすめなのが、切り花よりもお手入れが簡単で、1本飾るだけでも存在感のある「枝もの」。寒い季節だと、ふわっふわな手ざわりで見た目にも温かな枝ものが人気です。柔らかな表情のグリーンは冬になると種類が少なくなってしまいますが、通年手に入るものもあるので、枝ものなら冬の部屋でもグリーンを楽しめます。

おうちにこもりがちになる冬こそ枝ものインテリアを飾って、癒し効果とともにお部屋の印象をガラリと変えてみてください。

旬の枝もので、冬の部屋の衣替え

春は桜やミモザなど花をつけた枝もの、夏は爽やかなグリーン、秋は赤い実のなる枝もの、冬にはふわふわと可愛らしいものなど、四季折々、さまざまな種類がある「枝もの」。旬の枝ものを部屋に飾れば、簡単に季節感を演出できます。

こちらは、わが家の玄関に置いた雪のようなコットンフラワーとふわふわのパンパスグラス。

白とグレーを基調としたモダンで無機質な空間の中にも、

白とグレーを基調としたモダンで無機質な空間の中にも、旬の枝ものを入れることで、ほっこり感がプラスされて、一気に冬らしくなりました。
高さのある枝ものは、床置きにしてもサマになりますね。

枝ものは存在感があるので、シンプルなフラワーベースとの組み合わせがおすすめです。大ぶりなものが多いので、ある程度高さのあるものや重さのあるフラワーベースだと、バランスを取りやすいですよ。

また、旬の枝ものは季節の小物に合わせるのもいいですね。例えば、雪のように白くてふわふわしたコットンフラワーは、クリスマス雑貨との相性も抜群! 小さく切り分けたコットンフラワーをホワイトの雑貨でまとめると上品でおしゃれな雰囲気に。

クリスマスにちなんで、

クリスマスにちなんで、赤・緑・白のカラーでまとめるのも可愛いです。

冬でも楽しめる「枝ものグリーン」を
賢く取り入れる

冬になるとグリーンの枝ものは種類が少なくなってしまいますが、冬の部屋にグリーンを取り入れたい場合は、通年出回っているユーカリがおすすめです。たった1本だけでも葉っぱの数が多くボリュームがあり、空間がパッと華やぐので、冬の部屋が生き生きとして、とっても癒されます。

複数挿すときは、奇数本だと左右非対称で

複数挿すときは、奇数本だと左右非対称でアンバランスとなり、動きが生まれてバランスが取りやすいのでおすすめですよ。
こちらは3本のユーカリを飾って、動きを出しました。

片側に寄せた場合でも、

片側に寄せた場合でも、奇数本だと挿した時に隙間ができにくく、ボリュームが出やすいです。

枝ものは切り花と比べて長持ちなうえ、

枝ものは切り花と比べて長持ちなうえ、お手入れも簡単なので、植物の取り扱いが苦手な人でも気軽に取り入れられますよ。

枝ものを長持ちさせるコツを書いたコラムもありますので、ぜひ読んでみてください。

ドウダンツツジなど人気の「枝もの」グリーンで手軽に始めるおしゃれな暮らし

ちなみに、フラワーベースに挿す前の下処理で、水に浸かる部分の小枝を切り落としますが、それを捨てないで束にして飾れば、愛らしいまとまりが生まれます。
小さなフラワーベースやコップなどに入れて、空間を彩ってください。

ドライフラワーにして二度楽しむ

爽やかな香りが人気のユーカリは、ドライフラワーにしやすい枝もののひとつ。もともと水分量が少なく、色の退色も少ないので、ドライフラワーでも綺麗な葉を楽しめます。

わが家では生花の枝ものを楽しんだあと、スワッグにしてドライフラワーを楽しんでいます。
用意するものは、枝ものと麻紐、花バサミだけでOK。作り方もとても簡単です。

1. 小枝に切り分けて、根元から葉を取りのぞく

2. 丈の長いものを後ろに、

2. 丈の長いものを後ろに、短いものを前にして重ねる

3. 麻紐でぎゅっとまとめて、

3. 麻紐でぎゅっとまとめて、好みのリボンを結ぶ

スワッグができたら、壁などに吊るしておくと、

スワッグができたら、壁などに吊るしておくと、フレッシュな状態からドライになる過程も楽しめます。なにより、束ねているだけなのに、とってもおしゃれで癒されます。

お部屋の雰囲気に合わせて、

お部屋の雰囲気に合わせて、いろんな色味のお花と組み合わせてもいいですね。冬の時期は、ドライにしたユーカリをリースに混ぜても可愛いです。

生花の枝もので香りをたっぷりと堪能したあとは、ぜひドライフラワーにして二度楽しんでみてください。

最後に

お手入れも簡単で、1本挿すだけでもサマになる枝ものインテリア。ドライフラワーにしやすいものもたくさんあるので、花屋さんで購入する際に聞いてみるのもいいですね。

旬の枝ものを飾って部屋にいながら季節を感じたり、冬でも手に入るグリーンの枝ものを取り入れて空間を演出したりと、寒い冬も、枝ものインテリアを使っておしゃれに部屋を彩ってください。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例