お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

IMG_7911.jpg

あ〜〜〜やれやれ、無事に、何事もなく、借りた家と車を返して、ロンドンに戻りました!

ドキドキ、ヒヤヒヤの連続でしたが!

IMG_7509.jpg

レンタカーでイギリス を、特にコッツウォルズ巡りをしたことのある方少なくないと思います。

そのレンタカーの借り方にもいろいろあると思うのですが

今回、私はロンドンからスタートするのを避け、

(なぜなら激しい渋滞とコンジェスチョン・チャージ のことやらが、ひどく面倒に感じ

IMG_3326.jpg

また、調べてみると、コッツウォルズ最寄りの都市であるオックスフォードの、レンタカー会社が駅近になくて

タクシーで15分とか。異動しなくてはならず。ああ、それは面倒。(以前はよくeasyrent で旅してましたがそれもちょと不安で)

色々調べて、調べて、調べて、調べて、ヒースロー空港のターミナル5から、そのターミナル5に付属しているAVIS で車を借りることにしました。

IMG_1640.JPG

60歳を過ぎたマダム3人。大きな重たい荷物を持って、車やバスの乗り降りをなるべく少なくしたかったからです

よくあるレンタカー会社は空港から少し離れたレンタカー会社まで、さらにシャトルバスに乗って降りて。

あれ、かなり面倒。幸い今回はツアーでターミナル5を使ったので、そのままここで皆様と別れて地続きのレンタカー会社に

すぐに行けました。そこでの手続きも簡単。

IMG_2058.jpg

さて、しかし!20年ぶりのイギリス車移動!住んでいた7年を自分で運転していたとは言え

20年の月日はやはり。忘れさせてくれちゃってました。道の経路。

ラウンナバウト、何度、間違って、違う方向へ行ってしまったことか!

ナビを借りるのをケチったせいで!!!

IMG_1981.jpg

ツアーバスで回ってもらうのは、本当に楽でありがたいですが、気に入りの景色で車を止めたり

急にルートを変更したり。大型バスの入れない道を、まさに時間に縛られずに走れるのは、やはり、車。

IMG_2074.jpg

アスコットも近いエリア。日曜日はクラシックカーや古いスポーツカーの集いがあるそうで、

あちらこちらで、出会いました。カメラを向けると手を振ってくれる人も。でも、

こういう時は、最初から手を振りながらカメラを向けるといいんです。

喜んで被写体になってくれるから。

IMG_2063.jpg

おっと、村が近ずいて来ました。それまでは50mile で走った道を30mileに減速して。

特に散歩中の人や乗馬を楽しむ人たちの脇はゆっくりと。

IMG_7508.jpg

ドキドキハラハラもあったけれども、自由に動き回る幸せと景色をまじかに感じるダイナミックな世界。

車で回るイギリス、実にいいものでした。


■おすすめ特集

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの植栽デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives