お庭からベランダ、エクステリアなどガーデニング回りをスタイリッシュに演出

ガーデンスタイリング

専門家吉谷桂子のガーデンダイアリー ~花と緑と豊かに暮らすガーデニング手帖~

植栽デザインは、自然と同調した芸術 &光を観る

吉谷桂子

IMG_8423.jpg

Gardening is an art

Planting design as an art form

: turned to nature

植栽デザインは、自然と同調した芸術

Planting Design as an Art Form

とは、イギリスのガーデナーたちからしばしば耳にしていた言葉です。

写真は、6月23日の銀河庭園(北海道恵庭市)バニー・ギネスさんが設計した庭に

いま、私の方で、新たなアイデアの植栽デザインを加えてさせていただいている。

バニー・デザインの、この日本における庭を眺めて10年以上が経ちますが、構造の

アートフォームが完璧なので、植栽は、少し手を入れるだけで生き生きしてきます。

IMG_9619.jpeg

すべてのイギリスのガーデナーが園芸をアートと捉えているかというと

そうではないかもしれないとも思いますが「アート」と捉えて、自然と協調しながら

息を呑むような美しい庭を見せてくれていたベス・チャトーさん他

IMG_6377.jpg

この6月に尋ねたイングリッシュ・ガーデンも、すべては自然と同調した芸術が

表現されていました。そんななかで、少しはケミカルスプレーを使って美を維持する庭。

まったく使わずに、虫食いや細菌の病気にかかっている状態も自然の景色として

受け入れる姿勢もフィロソフィとして、表現する庭。いろいろあって、伝統も未来への提案も

非常に勉強になりました。

それにしても、庭の観光旅行の価値。光がないと。観光が....。この2ヶ月ほど、

滅多に光を見なかったですね。

IMG_9313.jpg

こちらは先日の中之条町ガーデンズのパレットガーデン、朝日や夕日が差した状態で眺めたい。

と切望しますが。

IMG_4645.jpg

去年の7月20日はお天気でした。アゲラタムも何万株も手で植えたのは大変な作業です。

IMG_9359.jpg

今年は自然なフィールドを研究中

IMG_9328.jpg

アンミ・ヴィスナガ、零れ種で増えてくれるでしょうか?

はるはなファームさんの助言通り、オルラヤが終わると咲いてくるので、

庭の華やかな立体感が補われて、こうしてお天気が良くなくても明るさがでる。

しかし、1mほどに伸びるので、7/3にいくつかの株には目立たないように支柱をしました。

IMG_9330.jpg


IMG_9333.jpg

パレットガーデンには、色彩豊富な14種類のエキナセアを植えましたが、

色は似ていて、私が大好きな一重咲きの'フェータルセンセーション'よりも

この'ブラックベリートリュフ'という、美味しそうな名前の八重咲きエキナセアが断然強い。

同じことは、星の王子さまミュージアムでもそうでした。

庭づくり。自然と同調するので、思い通りになりませんが、せめて朝夕の光は欲しいですねぇ。

梅雨明けは今月中とか?

■おすすめ特集

吉谷桂子

英国園芸研究家、ガーデン&プロダクトデザイナー。7年間英国に在住した経験を生かしたガーデンライフを提案。さまざまなイベントや雑誌などに出演するほか講師を務め、著書も多数。また国際バラとガーデニングショウやレストランなどの植栽デザインを担当。2013年春にファッションブランド「Shade」を立ち上げた。

個人ブログyoshiya keiko's blog

Archives