ベストヒットクーポン
ベストヒットクーポン

カタログ通販・テレビショッピングのディノスオンラインショップ

 
 
 

ディノス(dinos)

0
 

一人暮らしのインテリアを
おしゃれにするアイデア

リード文

新生活を機に、一人暮らしを始める人もいらっしゃると思います。自分ひとりの部屋に何が必要で、どんなインテリアにしようか考えるのは楽しいですね。

今回は、一人暮らしの部屋をおしゃれなインテリアにするアイデアをご紹介します。

画像

必要なものをピックアップする

これから住むのは、どんな部屋ですか?
家具・家電付きの部屋、家電だけは揃っている部屋、クローゼットの有無、クローゼットの大きさなど、いろいろありますよね。なにが備えつけられているかで、必要なものが違ってきます。

まずは新しい生活で必要なもの、持って行くものをピックアップしましょう。それによって購入する家具も決まってきます。

住みたい部屋のテイストをイメージする

生活に必要なものをだいたい把握できたら、今度はどんな部屋にしたいかイメージしましょう。

シンプルな部屋、かっこいい部屋、海外のような部屋など。インターネットで検索するとたくさん情報が出てきます。その中から、自分の好きなインテリアを再確認してみるとイメージが湧きやすいですよ。

▲カジュアルなスタイル。

▲味のあるヴィンテージスタイル。

▲ソファベッドを使ったナチュラルなスタイル。

メインカラーを決める

新しく揃えるものの中で、大きい面積を占める家具の色を何にするか決めていきます。ベッド、テーブル、本棚など、メインカラーとなる大きい家具は、色、そして素材もなるべく揃えたほうが、コーディネートしやすくなります。

▲ホワイトで揃えたエレガントな部屋

▲ブラック×ブラウンで揃えたシックな部屋。

本来、メインカラーは、

本来、メインカラーは、床・壁・天井・建具などのベースカラーで決まってしまうのです。でも、床や壁などを替えるのは大掛かりなことになりますし、賃貸の場合は不可であることが多いので、家具やインテリア小物でおしゃれな部屋に仕上げましょう。

こちらは、これから大学に

こちらは、これから大学に通う方の部屋です。 壁が白、床は木調というベーシックなタイプ。幅広いテイストに合わせやすく、コーディネートしやすい部屋です。家具は白、黒、グレー、ブラウンで「シンプル×クール」にまとめました。

クローゼットの前は、

クローゼットの前は、白いハンガーラックとスタンドミラーを設置して、身支度がしやすいコーナーを作っています。帰ってきたときも、コートをすぐクローゼットにしまわずに一時掛けすることができますし、バッグも床に置きっぱなしにならないように、ここにサッと掛けておくことができる便利な位置です。

一人暮らしの部屋はスペースに余裕がないことが多いので、動線も考慮して配置するのがおすすめです。

勉強するときに机とイスの環境が

勉強するときに机とイスの環境が必要とのことなので、勉強と食事を兼ねる白いテーブルを置きました。黒いローテーブルはコタツです。友人が集まったときに、ワイワイと楽しく過ごせるように追加しました。

ソファの正面にはテレビがあり、

ソファの正面にはテレビがあり、その間にブラウンのコーヒーテーブルを置きました。小さいので移動させやすく、ベッドサイドに寄せてメガネやスマホを置いたり、人が集まったときにはコタツに置ききれないお皿や飲み物などを置くなど、フレキシブルに使うことができます。

コタツは脚を取り外せば、クローゼットの中に収納できるので、必要なときだけ出せば動線のジャマにならず、ラグもポイントになって、すっきりとしたおしゃれな部屋に見えます。

収納用品は色・形を揃える

収納用品も色や形が揃っているほうが、すっきりしたおしゃれなインテリアになります。

ファブリックに統一感を持たせる

この部屋のファブリックは白×グレーで統一させています。家具だけでなく、ファブリックも同じような色合いで揃えるとおしゃれになりますし、統一感を持たせたほうが、空間に広がりが感じられます。
こちらのコラムも参考にご覧ください。「部屋がもっとおしゃれになる!インテリアに統一感をもたせる方法

圧迫感を無くすために、カーテンはレース素材を2重に掛ける方法もあります。厚手のカーテンだとどうしても重みと圧迫感が出てしまいますが、こうすれば軽やかに見えます。ただし防犯上のことを優先に考えてくださいね。

2枚のうち窓側のレースカーテンは、

2枚のうち窓側のレースカーテンは、ミラーレースと言って、日中は日の光に反射して、外から中が見えにくい素材を使っています。

アクセントを加える

大きい家具やファブリックのメインカラーを決めたら、次はアクセントを加えると、おしゃれなインテリアになります。
とはいえ、アクセントって何?ってなりますよね。それはひとことで言えば「自分の好きなもの」を加えればいいんです。

写真立てと時計を並べました。色は違いますが同じアイアン素材で揃えて、統一感を出しています。

ほかにもたとえば、

ほかにもたとえば、観葉植物。おしゃれな部屋には必ずあると言っていいほどのインテリアです。選び方のコツをこちらのコラムで紹介しています。「お部屋をおしゃれでセンスよく見せる「観葉植物」の選び方・飾り方

本物だとお世話が大変という方には、フェイクグリーンがおすすめです。最近のものはリアルにできているので、フェイクでもいい雰囲気を出せますよ。フェイクグリーンのコラムもあります。「手軽な癒しのインテリア。「フェイクグリーン」でおしゃれな部屋に!

ポスターや絵なども、

ポスターや絵なども、おしゃれな雰囲気作りにおすすめです。額の飾り方にはコツがあるので、こちらのコラムも合わせてご覧ください。「好きなものを入れても、カラでもOK!インテリアをおしゃれに仕上げる「額縁」の選び方・並べ方

照明もさまざまな種類

照明もさまざまな種類がありますね。ベッドサイドにこんなやさしい灯りがあったら気分も休まります。

ソファの前に設置した、

ソファの前に設置した、ブラウンの小さな楕円のテーブルは、このような照明を置きたいときにも役立ちます。

こちらのコラムも参考にしてみてください。「おしゃれな部屋にする3つのポイント 照明・壁・観葉植物にこだわって憧れの部屋作り

ラグで部屋の雰囲気がガラリと変わります。グリーンだと爽やか。イエローだと明るく。敷くだけだから模様替えが手軽で、選ぶ楽しみも広がります。

ソファはスペースに合わせて

ソファはスペースに合わせてサイズを選ぶといいですね。黒×木製で、この部屋の「シンプル×クール」なテイストに合うソファとテーブルをコーディネートしました。大人っぽいおしゃれな雰囲気になります。

こんな風にいろいろと

こんな風にいろいろと自分の好きなインテリア小物を揃えてアクセントにすると、おしゃれな部屋に仕上がります。

最後に

実は一人暮らしの経験のない私。一人暮らしのインテリアは憧れでもあります。自分の好きなものを好きなだけ置いて、飾って、生活を楽しむ。

でも、生活の全てを自分でやらないといけないし、疲れて帰ってくることもあるでしょう。そんなとき、癒しを感じられる部屋だと嬉しいですよね。そんな部屋にするためには、自分の好きでたまらないものを揃えることです。

自炊や洗濯も、モチベーションが上がるデザインや使い勝手のいいモノを選んでみましょう。すぐには見つからなくても、じっくり探して見つけるのも楽しい時間です。

一人暮らしのインテリアをぜひ楽しんでください。

おしゃれな部屋の作り方
プロが教える
インテリアコーディネートのコツと実例
記事一覧

おしゃれな部屋の作り方
プロが教えるインテリアコーディネートのコツと実例